LEDルームランプ 交換する際の注意点 警告灯や微弱

LEDルームランプ 交換する際の注意点 警告灯や微弱

LEDルームランプに交換する際の注意点 警告灯や微弱対策

BMW・MINI・メルセデスベンツ・AUDI・フォルクスワーゲン・VOLVO
などの輸入車と三菱車のLED化は注意が必要です。
市販のLEDルームランプに交換すると、微弱反応や警告灯が点灯します。

 

LEDルームランプ,車種別ルームランプ,マップランプ,カーテシランプ,フットランプ

 

BMW 1シリーズ

 

国産車でも 三菱車のデリカD5・パジェロ・ギャランフォルティス・アウトランダーも注意が必要です。

 

輸入車や三菱車のLED化を安易にすると
@数秒後に点灯しなくなる

 

※BMWの場合、マップランプが点灯しなくなる。

 

LEDルームランプ,車種別ルームランプ,マップランプ,カーテシランプ,フットランプ

 

輸入車の多くは、電球が突然切れると速度計に球切れ表示の警告灯が点灯します。
つまり、常に電球が正常かどうかを監視しているんです。
三菱車の一部も正常かどうかを監視しています。

 

 

純正球からLEDに交換した際に省電力になるため、電球の監視信号に反応し正常ではないと判断されてしまうのです。

 

正常ではないと判断されてしまうと、数秒後に電流が一時的に遮断され点灯しなくなります。
エンジンをON/OFFすると、一時的な電流遮断は初期化されますので 元通りに戻ります。
けれど、LEDに交換した途端に正常ではないと判断され 点灯しなくなるのも不便でなりません。

 

MINI
LEDルームランプ,車種別ルームランプ,マップランプ,カーテシランプ,フットランプ

 

 

A消灯しているにも関わらず、蛍の光のようにうっすら点灯する

 

 

※特殊な設計でないLEDの場合は
うっすら光ります。

 

 

電球の監視信号は常に流れていますので、その微弱な電流にLEDが反応しうっすら点灯しているんです。

 

 

そこで、電球の監視信号に反応しないようにLED電球本体に特殊な回路を設計し正常な電球として判断させれば 通常通りの動作になります。

 

LEDルームランプ,車種別ルームランプ,マップランプ,カーテシランプ,フットランプ

 

 

MINIのLEDルームランプと純正ランプの比較

 

純正ランプ
LEDルームランプ,車種別ルームランプ,マップランプ,カーテシランプ,フットランプ

 

LEDルームランプ
LEDルームランプ,車種別ルームランプ,マップランプ,カーテシランプ,フットランプ

 

 

欧州車専用のLEDを販売する専門店であれば、注意点を解決できますのでお求めは専門店で。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 交換する理由 交換方法 専門店